平田院イメージ
愛知県名古屋市天白区にある浄土宗のお寺 平田院です。 GO HOME
平田院の教え 沿革・概要 平岩主計頭親吉 施設のご案内 釈迦堂ホール 当山へのアクセス お問い合わせ
平田院の沿革・概要
 

 高濱山 平田院は、もと天徳山 法蔵寺と号し、江戸期以前三河徳川家家臣
平岩家の菩提寺で真宗高田派に属していた。
 慶長六(1601)年 徳川家康の家臣、平岩親吉の甲府移封にともない
寺も同地に移ったが、慶長十二年親吉が、尾張徳川家初代義直公の付家老
として尾張藩に移るのに従い、名古屋片端鍛冶屋町に移った。
その後、名古屋城築城にともない慶長十八年現東区平田町に移転した。
 寛文三(1663)年 建中寺開山成譽廓呑上人の弟子大譽直道上人を
中興開山に迎えて、浄土宗に改宗した。
 平成二(1990)年 新天地布教開拓をめざして天白区鴻の巣に
再度移転した。

 
 
 
   平田院の寺名は、平岩主計頭親吉の戒名
「平田院殿越翁休岳大居士」に由来する。
 また、尾張徳川家より御黒印寺領五十石
が与えられていた。
 
 
   東区平田町の町名は、明治四年町名施行
にともない、平田院が所在していたので
平田町と名付けられた。
 
     
     
     
 
 
このホームページ及び画像の肖像権・著作権・所有権は平田院に帰属します。 画像・データの複製・転載は禁止させていただきます。
Copyright(c) 2004 HEIDENIN all rights reserved.